やっぱり早漏が原因かもしれない。満足をさせられる男になりたい!

自分って早漏だと悩んでる男性は思った以上に多いんです。約半分以上は早漏じゃないかと思っているので自分だけだと悩まず原因を知り改善していきましょう。きっとお相手を満足させられること間違いなしです。

*

早漏になる原因とタイプ

      2016/04/05

20代や30代の若い男性は、早漏などの機能障害に悩んでいる場合が多く、そして誰にも相談できず悩んでいる人が多いです。原因もいくつかあり、もしご自身が早漏だと思った場合は原因を知ることも治療には大事です。


早漏タイプ別

  • 心因性の早漏タイプ
  • 男性は仕事で多忙な生活をしており、精神的なストレスを溜めやすく、女性経験が浅い人は、性行為の時に緊張をしたり、過度に興奮してしまうことが多く、心因性の早漏に悩んでいる人が増えています。

    心因性の早漏の場合は、女性の皮膚の感触や裸体などに過敏に反応してしまい、膣に挿入をしてから、2分以内に射精をしてしまうことが多いです。

  • 包茎性の早漏タイプ
  • 仮性包茎や真性包茎の人は、普段は亀頭が包皮に覆われているため、過保護になってしまい、刺激に対して敏感になっています。

    包茎性の早漏の場合は、自分で包皮を剥ける場合は、普段から亀頭を露出させておくようにして、下着などの刺激に慣れておくことで、改善する場合があります。

  • 衰弱性の早漏タイプ
  • タイプ別の衰弱性の場合は、性行為の時は交感神経が活発になっており、緊張したり、興奮がしやすくなっているので、女性が満足しないうちに、射精をしてしまうので、精神的にリラックスする必要があります。

  • 過敏性の早漏タイプ
  • 過敏性の場合は、ちょっとした刺激に敏感になっているので、性行為の前に早漏を防止するジェルやスプレーなどを使うようにしたり、不安や緊張を緩和する必要があります。

病院やクリニックでも改善

包茎は必ずしも手術が必要でない場合が多いですが、真性包茎やカントン包茎の場合は、性行為がスムーズに行かないことが多く、コンプレックスになっている人が多いです。現代は、専門クリニックの包茎手術の技術が向上をしており、出血が少なく、傷跡が目立たない方法を提案してくれるので、施術を受けてみると良いでしょう。普段から亀頭が露出されている状態になることで、刺激に強くなるので、射精をコントロールできるようになります。

女性との性行為が少ないことも原因のひとつなので、大切なパートナーとの時間を大切にして、スキンシップを取ることで自信が持てるようになります。男性は、女性が感じているよりも大変デリケートですし、機能障害で悩んでいる場合は、充分に理解をしてあげる必要があります。

心因性、過敏性、包茎性、衰弱別などのタイプ別によって、対策が違ってくるので、機能障害が長期間に及ぶ場合は、信頼できる医師に相談してみると良いでしょう。中高年以降の男性は、男性機能の衰えが原因である場合が多いので、ビタミンやミネラルなどを補うために、精力剤のサプリメントを服用してみると良いでしょう。