やっぱり早漏が原因かもしれない。満足をさせられる男になりたい!

自分って早漏だと悩んでる男性は思った以上に多いんです。約半分以上は早漏じゃないかと思っているので自分だけだと悩まず原因を知り改善していきましょう。きっとお相手を満足させられること間違いなしです。

*

肉体的な早漏の原因とは?

      2016/07/24

早漏の原因は、複数の肉体的な状態が関係している場合が多くみられますが、特に包茎を治療することで、早漏の解消に繋がる可能性が高くなると言えます。

包茎が原因の場合が多数

早漏気味である人は、ペニスの包皮が剥けていない状態の包茎であることが多数です。

包茎にもいくつかの種類があり、勃起時には通常に剥けますが、普段は包皮を被ったままという仮性包茎が最も多い症例です。また勃起時にも包皮が向けることのない真性包茎や、剥けるもののその開口部が極端に狭いために、ペニスを強く圧迫して痛むカントン包茎という症例もあります。

いずれにしても包茎の人は刺激に対して過敏である場合が多く、その刺激の強さに耐え切れずに自分の意志に反して射精をしてしまうというケースがほとんどです。

刺激に慣れることが重要

仮性包茎の場合は、常に自分の手でペニスを剥いたままの状態にしておく、ということが一番の近道です。

その場合は、次第に刺激にも慣れてくるようになり、過敏さは徐々に落ち着いてきます。弱い刺激に対しては反応することもなくなりますので、すぐに射精に至るようなことも少なくなっていくことでしょう。

またカントン包茎や真性包茎の場合は、包皮を常に剥いた状態にしておくことが困難ですので、手術をおすすめします。自分でどうにかしようと考えても難しいために、専門医との相談を行い、的確な診断を受けてから納得のいく形で手術を受けましょう。なお、仮性包茎の場合も手術を受けて、完全に剥けた状態にすることがおすすめです。

多くのクリニックで相談に応じてくれますので、検索したり電話相談を利用するなどしてみると良いでしょう。

経験を増やすことも改善に繋がる

また性行為の経験不足による早漏も無視できません。

誰しもが最初は過敏な状態となり、通常の自慰行為よりも性行為の方が圧倒的に早く出てしまう、などという経験はあることでしょう。

一度射精をしてしまうと、ペニスの衰弱性が顕著に見られますので、特に性行為に慣れている相手の場合には、その点で一気に失望させてしまうことに繋がりかねません。そのためには、多くの経験を積むことと、そして多少の性的な事象には反応しないように、気持ちの面を鍛えていくということも重要です。特にメンタルコントロールの観点から、早漏の原因となる過敏な状態を落ち着けて、性行為に臨むという姿勢がとても重要となります。

肉体的な観点と心理的な観点の両面からアプローチすることで、その原因を取り除き、より充実した性生活を送れるようになります。