お風呂で髪を洗った後の排水溝を見て驚いた事ないですか?

お風呂に入って髪を洗うと抜け毛が多いと感じたりしませんか?そして年々薄毛になってきている気はしませんか?AGAかもしれないですが、まずは頭皮や髪のメンテナンスをしてみましょう。シャンプーやトリートメントの選択や使い方も大事なんです。

*

抜け毛が減ってくるシャンプーやコンディショナーの正しい使い方

   

最近髪のボリュームがダウンしてきた、と感じたら早めに改善に取り組むことが大切です。

髪を洗うたび排水口に沢山の抜け毛がからまっているという方は、髪と頭皮に負担がかかっていることが考えられます。抜け毛対策として、育毛剤や育毛シャンプーを使い始める方は多いですが、有効成分が配合された育毛製品を使っても頭皮に浸透しなければ大きな変化は期待できません。育毛製品を取り入れるのもいいですが、その前にシャンプーとコンディショナーの正しい使い方をマスターすることをおすすめします。

シャンプーの正しい使い方

まずはシャンプーの選び方ですが、値段が安い市販のタイプではなく、育毛効果のあるタイプを選びましょう。安い商品は泡立ちが良いというメリットがありますが、髪や頭皮に必要な皮脂まで落としてしまう、というデメリットがあるので注意が必要です。

髪と頭皮に負担をかけない育毛タイプを選んだら、正しい洗い方を実践しましょう。毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり落とすためには、予洗いすることがポイントです。効果の高いシャンプーを使っても、髪全体が濡れていないと十分に染み渡らせることができないので、ぬるま湯を使って髪全体をさっと洗っておくといいでしょう。頭皮をマッサージしながら予洗いしていくと、汚れが落ちやすいだけでなく血行促進効果も得られます。

シャンプーをするときは、まず髪に直接シャンプーをつけて髪で泡立てるのではなく、手のひらで泡立ててから洗いましょう。そして、爪を立ててゴシゴシと擦ってしまうことがありますが、頭皮にキズを作ってしまうことがあるので、気を付けましょう。指の腹を使って優しくマッサージしながら隅々まで洗います。

全体に行き渡ったら落としていきますが、洗い残しがあるとかゆみや炎症を引き起こしてしまうので、洗い残しがないように、しっかりと落とすことを心掛けましょう。

正しいコンディショナーの使い方

次にコンディショナーを使って髪をコーティングしていきます。

コンディショナーはトリートメントと違って、長時間置く必要はありません。ただ髪につけてすぐ落としては、しっかり行き渡らない可能性があるので、髪全体に1分程度は置いた方がいいでしょう。コンディショナーは流しすぎないことが大切です。注意としては、コンディショナーやトリートメントはなるべく頭皮にはつけないことです。コーティングするものなので、毛穴のつまりになります。それをしっかり洗い流そうとするとコンディショナーの効果も薄れてきます。表面をサラサラにする効果があるので、全てを洗い流す必要はありません。

使う場合の順番ですが、シャンプー⇒コンディショナーまたは、シャンプー⇒トリートメントです。3つ使いたい場合には、シャンプー⇒トリートメント⇒コンディショナーにしましょう。コンディショナーはコーティング効果があり、コーティング効果の後に浸透するトリートメントを使っても、意味はありません。

洗髪した後は、濡れたまだと雑菌が繁殖してしまうことがありますので、ドライヤーを使って頭皮から完全に乾かしましょう。