やっぱり早漏が原因かもしれない。満足をさせられる男になりたい!

自分って早漏だと悩んでる男性は思った以上に多いんです。約半分以上は早漏じゃないかと思っているので自分だけだと悩まず原因を知り改善していきましょう。きっとお相手を満足させられること間違いなしです。

*

早漏治療薬「プリリジー」はどんな薬なの?

プリリジーは、スキンケア商品や使い捨てコンタクトでも知られている「ジョンソン&ジョンソン」の製薬部門であるヤンセン・シラグ社が開発した医薬品です。世界初の早漏治療薬で、飲み薬として性行為の直前に飲むことで、射精のタイミングを遅らせることができるという画期的な効果があります。

プリリジーの有効成分はダポキセチンと呼ばれ、開発当初は気分が落ち込んだ際に使用するための、抗うつ剤として研究されていた成分です。

精神安定で開発された医薬品から見つかる

分類としては短時間作用型のSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)で、脳内物質のセロトニンの量をコントロールすることで、興奮状態や抑うつ状態の精神を安定させるために開発されました。

しかし、内服治療を行っていた患者から射精時間が長くなった、遅漏になったという訴えが多かったことから再び研究され、早漏に有効であることが分かったことから早漏治療薬として転用された経緯があります。

成分ダポキセチンでコントロール

男性の性行為の間には自律神経の交感神経と副交感神経が密接に関与しており、興奮によって男性器が勃起する際には副交感神経が働き、十分な興奮を覚えると交感神経が働いて射精を促すようになります。

射精を促すのはノルアドレナリンと呼ばれる興奮や意欲、緊張といった感情を司る脳内物質で、脳内に多量に分泌されて増えることで交感神経を刺激するようになります。刺激を受けた交感神経はスイッチが入り、射精するように命令を送ることでコントロールできずに射精することになります。

射精のメカニズムは以上で、早漏の人はこのノルアドレナリンの分泌量が多く、興奮状態が続くことですぐに射精してしまうものと言われています。プリリジーの成分であるダポキセチンは神経細胞にフタをしてセロトニンが再取り込みされないように抑え、脳内に多量に分泌されるように手助けをします。

そしてセロトニンはノルアドレナリンの働きを抑える作用があるため、性行為によって異常に興奮する感情を抑え、精神を安定させて射精をコントロールしやすい状態にします。

プリリジーの副作用

抗うつ剤として開発された医薬品なので、副作用なども心配になるかもしれませんが、主な副作用は頭痛、めまい、不眠、倦怠感などで、頻度はかなり低く安全性の高いものとなっています。

大規模な臨床試験も行い、安全性および効果を確認された飲み薬で、射精までの時間は2~3分は長くなると認められています。また、1度の服用では効果が薄いとしても、何度か使用することで性行為への緊張が解れ、射精のコントロールがしやすくなるという特徴があります。

公開日:
最終更新日:2016/02/18